最新口コミ

  • 5

    国立西洋美術館

    滅多に見れない作品の数々。

    代表作「ラス・メニ―ナス」をはじめ、ベラスケス作品約120点のうち約4割を保有する

    プラド美術館が、一度に7点以上のベラスケス作品を海外に貸し出すことは非常に稀なこととされています。

    今回の展覧会では、その上限とされる「7点」が厳選されて日本に上陸しておるのです。

    このことは評価されて良いことだと思われます。

    ベラスケス作品が、こんなにまとまって1つの企画展で見れる機会は今後、滅多にないと思われます。

    是非、この機会を見逃さずに国立西洋美術館に足を運んでみてはいかがでしょうか?

    続きを表示する
    ラベル
  • 0

    国立西洋美術館

    プラド美術館展に行ってみたい

    レポートを拝見すると豪華なラインナップ★ヴェラスケスの作品なんて今まで見たことないので絶好の機会だと思います。

    続きを表示する
    ラベル
  • 5

    東京国立博物館

    仁和寺と御室派のみほとけ、素晴らしかったです!

    この度は博物館での仏像展覧会というものに初めて行ってきました。本来なら京都に行かないと見られない仏像さまが、上野まで遠路はるばる来てくださるなんて本当にありがたいことです。
    仁和寺・薬師如来坐像の緻密な彫刻の素晴らしいこと、仁和寺本尊の阿弥陀如来座像のお顔のおやさしいこと、葛井寺の千手観音菩薩坐像の存在感に圧倒されること!国宝、重要文化財級の書跡、掛け軸、仏像の数々に圧倒されっぱなしでした。こんなに近くからじっくり見られるのも展覧会ならではですよね。
    本日午前中は混雑のため入場制限があり、約30分並んでからの入場でした。館内もかなり混雑していましたので、お時間に余裕をもってのお出かけをおすすめします。

    続きを表示する
    ラベル
  • 5

    東京都美術館

    日本初公開の展示品の数々。

    【ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜】は、
    これまでにイタリアやフランス、ドイツ、イスラエルなどを巡回してきた展覧会で
    ブリューゲル一族の4世代の画家たちと、同世代のフランドルの画家たちが生み出した宗教画、風景画、寓意画、静物画など、個人所蔵の作品を中心に約100点が展示されているらしく、

    出展作のほぼ全てが日本初公開となっているらしいです。

    展覧会のオフィシャルサポーターを務めるのは、渡辺徹さんと榊原郁恵さんの長男で、俳優の渡辺裕太さん。

    画家や絵画の中の登場人物に扮し「七色の声」で会場を案内する音声ガイドナレーターを、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの渚カヲル役などで知られる声優・石田彰が務めておられるので、

    大変、期待しております。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0

    東京都美術館

    ブリューゲル展見たい★

    日本初公開の作品がたくさんあるということで、楽しみです!

    続きを表示する
    ラベル
  • 4

    東京国立博物館

    【仁和寺と御室派のみほとけ】は展示品のクセが凄い!

    今回の展覧会で驚いたのは、主催者である読売新聞社や仁和寺の展覧会にかける本気度です!

    まず、驚いたのがその展示品の凄さです。出展される作品全174点のうち、なんと国宝が24点、重要文化財が75点と全体の約60%弱が重文クラス以上なんです!

    しかも、仁和寺をはじめ、展示品を出展しているほとんどのお寺は関西以西にあるのに、東京国立博物館へ惜しげもなくお寺で一番の国宝・重文級の作品群を出展してくれているのです。

    そして、その中で、一番の目玉となる秘仏や本尊を含む彫刻が、全期間を通して66体も出展されるとあっては、これはもう、見に行くしかないでしょう!

    そして、音声ガイドもよく出来ております。

    全35分間と、充実の大容量はもちろん、2月24日から公開される日中合作の超大作映画「空海ーKU-KAIー美しき王妃の謎」の日本側メインキャスト、阿部寛と染谷将太をナビゲーターに起用。雰囲気を盛り上げてくれるそうです!

    続きを表示する
    ラベル
  • 0

    東京国立博物館

    仁和寺と御室派のみほとけ

    運慶展を見に行ったときはすごい人だったので、今回は空いている平日の昼間に行こうと思います。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0

    東京国立博物館

    仁和寺と御室派のみほとけ ―天平と真言密教の名宝―”

    写真撮影OKエリアがあるということでカメラ持参で行かねば!!

    続きを表示する
    ラベル
  • 5

    国立科学博物館

    「古代アンデス文明展」を観ました!

    芸術性の高い土器や黄金の遺物、そしてミイラと、古代アンデスの魅力がつまった見ごたえ充分な展覧会でした。
    日本人が発掘に関わった遺跡もあり、大変興味深く鑑賞しました。
    展示のほとんどが写真撮影OKなので、気に入ったものを記念に撮影するのも楽しいと思いますよ。

    続きを表示する
    ラベル
  • 5

    国立西洋美術館

    北斎とジャポニスム展楽しかった

    毎週金曜、土曜は長く開いているので、仕事帰りに寄ってみましたが、上野公園内は日中に比べかなり人が少ないのに、展示室内は結構混んでました。北斎の作品とその影響を受けたであろう画家の作品とを比べながら見られるのはとても良かった。「これのどの辺りが?」的なのも有ったし、絵画だけでなく陶器やガラス装飾品等バラエティにとんでて飽きさせません。その分展示数も多いので、時間は余裕を持って来館される事をお勧めします。

    続きを表示する
    ラベル