東京都美術館

住所 〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36
電話番号 03-3823-6921
URL http://www.tobikan.jp
営業時間 開館時間 : 9:30~17:30
※特別展開催中の金曜日:9:30~20:00
※入館は閉館の30分前までです。

休館日 : 毎月第1・3月曜日
※特別展・企画展は毎週月曜日
※祝休日の場合は開室し、翌日休室
※その他、年末年始、整備休館など

この場所をGoogleで検索

概要

<写真:東京都美術館提供>

東京都美術館は、大正15(1926)年に日本初の公立美術館として誕生しました。現在は、国内外の名品を楽しめる特別展をはじめ、美術団体による公募展や自主企画展など、年間300近い展覧会を常時開催しています。
アートを介して人々のつながりを育むアート・コミュニケーション事業も展開し、こどもたちのミュージアムデビューを応援する「Museum Start あいうえの」では上野公園にある9つの文化施設と連携したプログラムを実施。
モダニズム建築の巨匠、前川國男が設計した建物を楽しめる「建築ツアー」も開催中。

関連記事
すべての記事を表示する

口コミ

  • 0

    芸術素人ですが

    実はムンクのことはほとんど知らない私。ムンクの叫び以外の作品は、全然見たことがないので、音声ガイド頼みで楽しみたいと思います。芸術は高尚なもの・難しくてよく分からない、と知識がないと楽しめないと思っていましたが、作品から感じるストレートな印象を楽しむのでも充分だと思っています。

    続きを表示する
    ラベル
  • 5

    初来日の《叫び》も!「ムンク展―共鳴する魂の叫び」

    オスロ市立ムンク美術館のコレクションを中心に油彩、版画、写真など約100点の作品が集まる、ムンク尽くしの展覧会ということでとても楽しみ。初来日の《叫び》は必見ですね! ムンクの生涯をたどりながら、60年に及ぶ画業をじっくり鑑賞したいと思います。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0

    ムンク展ゆっくり見たい

    遠くから行くので、ゆっくり空いている時を狙って行きたいなと考えております。平日がいいのでしょうか。一生に何度もお目にかかれることのないような名作を、この目で見たいものです。作品の前に立った時、自分がどう感じるのか楽しみです。
    いろんなコラボグッズも楽しみの一つです。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0

    【ムンク展―共鳴する魂の叫び】の音声ガイドは...

    人気声優の福山潤さんが担当しており、普段、中々、足を運ばない人も、福山潤さんの声の為に訪れてみるのも宜しいかと思われます。

    無論、本展は、画家の故郷・ノルウェーの首都にあるオスロ市立ムンク美術館が誇る世界最大のコレクションを中心に

    約60点の油彩画に版画などを加えた約100点により構成される大回顧展となっておるみたいなので、

    是非とも展示物も要チェックですね!

    続きを表示する
    ラベル
  • 5

    「ムンク展—共鳴する魂の叫び」

    展示室の全てがムンク作品で構成された、正真正銘ムンクの大回顧展。複数描かれた「叫び」のうち、オスロ市立ムンク美術館が所蔵するテンペラ・油彩画の《叫び》は、今回待望の初来日!ぜひ実際に見てみたいですね~。ムンクの生涯をたどりながら、多彩なムンクの作品を、この機会に堪能してみたいと思います。

    続きを表示する
    ラベル
  • 4

    プーシキン美術館展、行ってきました!

    本日館内はゆっくりと鑑賞でき、フランス絵画を中心とした品の良いコレクションとともに大変優雅なひと時を過ごすことができました。
    ちょっと異質だったこともあり、ひときわ目を引いたのは、ルソーの「馬を襲うジャガー」です。現実味のないきょとんとした白馬の表情がなんとも言えないです。非常に面白い絵でした。
    あともう一点、ジュール・コワニエとジャック・レイモン・ブラスカサット共作の「牛のいる風景」もすごかったです。切り株の断面や木の表面のリアルさ、羊と牛の毛並みまでのリアルな表現に釘づけになりました。
    東京都美術館にしては比較的作品数が少なめでしたが、逆に程よい余韻が残り、とても良かったです。

    続きを表示する
    ラベル
  • 5

    プーシキン美術館展。

    膨大な収蔵品を有するプーシキン美術館の中から、17〜20世紀のフランス風景画にテーマを絞った展示みたいです。

    旅するフランス風景画と銘打っていますが、フランスに留まらずゴーギャンのタヒチ、果てはルソーの想像上のジャングルといった景色を楽しめるみたいです。

    また、その絵がどこで描かれたのか?という点をチェックしながら観ると、画家の個性とその風景の特徴がうまく融合してるなーという絵ばかりなので、これから行かれる方は、要チェックですね!

    続きを表示する
    ラベル
  • 5

    日本初公開の展示品の数々。

    【ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜】は、
    これまでにイタリアやフランス、ドイツ、イスラエルなどを巡回してきた展覧会で
    ブリューゲル一族の4世代の画家たちと、同世代のフランドルの画家たちが生み出した宗教画、風景画、寓意画、静物画など、個人所蔵の作品を中心に約100点が展示されているらしく、

    出展作のほぼ全てが日本初公開となっているらしいです。

    展覧会のオフィシャルサポーターを務めるのは、渡辺徹さんと榊原郁恵さんの長男で、俳優の渡辺裕太さん。

    画家や絵画の中の登場人物に扮し「七色の声」で会場を案内する音声ガイドナレーターを、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの渚カヲル役などで知られる声優・石田彰が務めておられるので、

    大変、期待しております。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0

    ブリューゲル展見たい★

    日本初公開の作品がたくさんあるということで、楽しみです!

    続きを表示する
    ラベル
  • 4

    娘と美術館デビューしてきました♪

    先日まで開催されていたゴッホ展へ娘と一緒に行ってきました。
    事前学習をしていった為か、とても興味を持って見てくれていたなーと思います。

    今はまだ小学1年生ですが、成人してからも娘と美術館巡りが出来るように少しずつこういった機会を設けて行きたいと思いました。

    続きを表示する
    ラベル