上野の森美術館

住所 東京都台東区上野公園1−2
電話番号 03-3833-4191
URL http://www.ueno-mori.org/
営業時間 開館時間
10 : 00~17 : 00(入場は閉館30分前まで)
*展示により変更される場合があります。

休館日
不定休
*展示により異なります。

この場所をGoogleで検索

概要

上野恩賜公園のなかに建ち、開館以来重要文化財の公開をはじめ様々なジャンルの美術を紹介しています。
常設展示は行っておりませんが、毎年開催している美術館主催の現代美術展(VOCA展)、公募展(上野の森美術館大賞展、日本の自然を描く展)のほか、定期的に独創的な企画展を開催し話題を提供しています。

関連記事
すべての記事を表示する

口コミ

  • 0 00000925.jpg

    楽しみな怖い絵展

    怖い絵の本が出たとき悪趣味な本とさえ思ったのですが、表紙が気になって手に取ってしまいました。ルノワールのような綺麗で幸せに満ち溢れた絵画が好きなつもりでしたが、本能的に気になってしまうのでしょうか。各巻読みました。本で紹介された作品を含む展覧会が実現されてファンにはたまらない展覧会です。
    これは第二弾、第三弾も期待してしまいますね。
    添付画像は私のトラウマ怖い絵です。見た目からして怖いゴヤの《我が子を食らうサトゥルヌス》です。

    続きを表示する
    ラベル
  • 5

    怖い絵展!

    みなさんは中野京子さん著書の「怖い絵」という本はご存知ですか?
    中々の印象的な表紙です。
    これ。絵的には別にグロテスクではないし、どこが怖いんだろう・・・?って気になるこの感じ。

    この「怖い絵」は美術書としては異例の大ヒットをしており、本屋さんでもよく平積みされているので、一度は表紙を目にしたことがあるのではないかと思います。

    実は、現在この「怖い絵」シリーズで紹介された絵画、版画などを集めた展示、「怖い絵」展が開催されております。

    展示の内容は全部で6章に分かれており、1章は「神話と聖書」、2章は「悪魔、地獄、怪物」、3章は「異界と幻視」、4章は「現実」、5章は「崇高の風景」、6章は「歴史」となっています。

    この展示での目玉はやっぱりポール・ドラローシュの「レディ・ジェーン・グレイの処刑」です。
    こちらの作品は「怖い絵」シリーズの「泣く女編」の表紙でも使用され、展示の広告でも大々的に使用されています。

    実物の絵画は縦2.5メートル、幅3メートルと、もの凄く、迫力があり、
    尚且つ、質感が本当にリアルで、かなり惹きつけられるすごい作品らしく紙やwebでは感じられない迫力なので、絶対会場にて実物を見た方が良いと思われます。

    最後に、この展示の面白さは、「怖さ」ではなく、めっちゃくちゃ知的好奇心を煽ってくるところだと思います。

    絵画を見た時の「どうして怖いの?」という気持ちが絵画への興味を掻き立ててくれるので、

    普段、美術館へ足を運ばない人や絵画の知識がない人でも十分に楽しめるかと思います。

    是非、皆さん会場に足を運んでいただきたいです!


    続きを表示する
    ラベル
  • 5 71uho7TEU1L.jpg

    セザンヌの怖い絵!?

    開催を知った時からずっと楽しみにしていました。チラシを手にした時の感動ったら!知っている作家から絵は知っているものの作者やタイトルがわからないものまで魅力的な名画が散りばめられていて強く興味を持ちました。風景画や静物画で有名なセザンヌが《殺人》なんて絵を描いていたことを初めて知りました。どういう心境、環境でこの絵が生まれたのでしょうか。解説や音声ガイド、カタログで知ることができたら嬉しいです。これは何時間もいちゃいそうな展覧会ですね。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0

    怖い絵展

    怖い絵の本のブーム凄かったの覚えています。当時は読むことはなかったのですが、最近になって友人から借りて読んで面白いなぁとはまっていたので表紙にもなっている《レディ・ジェーン・グレイの処刑》の実物を日本にいながらにして見られるとは!

    ロンドン・ナショナル・ギャラリー、オールダム美術館、ファーブル美術館、リーズ美術館、リバプール国立美術館、ボルドー美術館、ナント美術館、ギュスターヴ・モロー美術館 借用先の一部ですが気合い入ってるなとホームページを見てにたにたしています。展覧会を見る前にもう一度読み直しています。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0

    怖い絵展

    数年前に単行本を全巻まとめて読んでいたので今回の展覧会はとても楽しみです。本の中で紹介されていた作品も来ているかな?作品自体はもちろん解説にも注目です。

    続きを表示する
    ラベル
  • 5

    見ないといけない展覧会

    怖い絵 という本を読んだことがなくても知っている、聞いたことはあるという人はかなりいると思います。

    この本を読んでいた時、それが展覧会になるなんて夢にも思いませんでした。なので開催を知った時は嬉しいのに加え驚きすぎて実現させたことに感動しました。〇〇美術館展など一か所からまとめて借りてくる展覧会が多い中、この単純そうで実は難しい抽象的なテーマで世界各地から作品を集めたのですからとてつもない苦労だったのは想像に難くありません。メインの作品を来日させただけでも快挙だと思います。そんな展覧会を有難く鑑賞させていただきたいと思ってます。主催者には拍手を送りたいです。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0

    絵のストーリーが面白い

    レディジェーングレイの処刑は悲劇だと思いました・・・。
    闇を感じます。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0

    内覧レポートを読んで

    怖い絵のその絵の背景を知ってからまた見るのでは印象も変わりそうですね

    続きを表示する
    ラベル
  • 5

    怖い絵展の開催

    これ、とても気になっていました!なんとなくぞわっとする展覧会になりそうですね。

    続きを表示する
    ラベル
  • 4

    怖い絵展が怖い~~

    絵自体が怖いというか、その背景や物語含めた全てで怖い!詳しく解説を聞きながら見たな。

    続きを表示する
    ラベル